ヘブン顔。
岡山、「やっと久光に勝てたなー」と思ったら微妙な布陣。

セミに向けてスタメンを温存したり、控えの育成に充てたり、
真鍋さんの意図も分からなくはないけど、あの内容(現地に聞いた限り)で
少なくとも“育成”にはなったのかどうか…

今回控えからスタメンで入った選手だって、
ここまで毎日一生懸命練習してきた訳で。
その段階で妥協してたらユニなんて着れない訳で。


難しーですよね、いろいろ。

エリカさんは今週もいい感じでブロック出ましたね。
個人賞へ大きく歩みを進めたんじゃないでしょーか。
アローズ全体としてはこの2戦でレギュラーR1位通過を決定させました。
選手は気分良く最終戦へ行けるかなー。

だけど、「リーグ優勝」という目標を掲げた時に、
一番緊張したり一番固くなるのがここからなんですよね。
特に一位で上がった若いチームには戦い難いかも。

レギュラーRそのままの勢いとか、自信とか、見失うことなく
ファイナルラウンドまでワーワーいってほしーな。

勝利に突き進む人の顔って、特有のオーラがあります。
もう心から楽しんじゃってる人の顔。

レギュラーRでそういう顔をたくさん見せてくれた選手たち、
どうか最後まで笑っててほしー。

今週末はそういう顔の選手、バレーじゃなくてマラソンにいましたね。

名古屋国際女子マラソン。

カーナビで見てて、高橋がいきなりおいてかれるのは切なかったです。
彼女は「優勝」よりも「挑戦」することで意味を見いだそうとしてんだなー。
結果が全ての世界でその姿勢を貫くのは簡単なことじゃないと思う。
国民的スポーツ選手の王道からは外れてしまった感がありますね。

やはり、谷良子には勝てないと思う。

私、マラソンのゴールシーンて好きなんですけど、
中村友梨香が最後の2kmをすごく楽しそうに走ってたのが印象的でした。
42,195km走ってんのに、疲れとかそういうの吹っ飛んでる人の顔って
すごいキラキラしてます。ヘブン顔です。

アローズも最後にあんな顔でマッチポイント迎えられたらと思いつつ…

来週でラストかぁー。

4位争いはNEC、シーガルズ、パイオニアが勝ち星で列んで、最終節で結果が出ますね。
チームの完成度ではシーガルズが一歩抜きん出ている感がありますが、
NECは今年も終盤にきて上がってきたし、
パイオニアは意地でも4強を守りたいところ。

どうなるのかなー!!
[PR]
by yo_kan2 | 2008-03-10 14:38 | デイリーよーかん。


<< セカンド・ウィンド。 鹿沼大会。 >>